Category: コンタクトレンズ

使い捨てコンタクトレンズを利用する方が増えているようです。ソフトタイプなのでドライアイを防ぐ効果もあります。目にも優しいコンタクトレンズを探している方は、使い捨てタイプがおすすめです。消費税を気にせずにリーズナブルな価格でまとめ買いをしたい方は、コンタクトレンズの個人輸入代行業者を利用しましょう。

使い捨てコンタクトレンズ専門通販サイト001lensは、ウェブサイトからお気に入りのコンタクトレンズをまとめて注文できます。オーダー確認や問い合わせメールはすべて日本語対応なので英語が苦手な方も安心です。

001lens は、クレジットカード、(コンビニ、銀行振込、郵便振替)の後払いと前払い、代引き払いなどを利用できるので、コンタクトレンズをまとめ買いしたい方にもおすすめです。有名メイカーの商品ライナップが豊富ですから、ファッションやメイクにピッタリの使い捨てカラコンもすぐに見つかるでしょう。

こちらの通販ショッピングサイトは、キャンペーン企画やお得なバーゲンを開催しています。会員はメールマガジンで、お買い得な情報を知らせてもらえます。IDとパスワードがあれば手軽にショッピングができるので便利です。001lens を定期的に利用したい方は、会員登録を済ませておきましょう。

① कॉन्टेक्ट लेंस

② 콘택트 렌즈

③ 隠形眼鏡 

④ עדשות מגע

⑤  les lentilles de contact

⑥ lentes de contacto

⑦ Kontaktlinsen

①から⑦は、すべて「コンタクトレンズ」を意味します。

①は「ヒンディー語」

②は「韓国語」

③は「中国語」

④は「ヘブライ語」

⑤は「フランス語」

⑥は「スペイン語」

⑦は「ドイツ語」

コンタクトレンズは、1508年頃にレオナルド・ダ・ヴィンチがその原理を創案したと伝えられています。

その後、1636年にはデカルトがダ・ヴィンチの原理を論理的に立証することに成功 。

現在のコンタクトレンズの初発は1887年頃、アドルフ・ガストン・オイゲン・フィックによって発明され、当初はガラスでつくられていました。

そのガラスレンズを自分の眼球で試したと言われているのが、アウグスト・ミューラーという人物。

実はこの人音楽家だったようです。

ミューラーが自分の目で試したところ、痛みに耐えられず、わずか30分でギプアップしたそうですが、矯正視力が0.5まで出たそうです。

その後、コンタクトレンズを体験したミューラーが、カールツァイス社にレンズの作成を依頼し、現在のコンタクトレンズの本格的な幕開けとなり、以降は、ガラスレンズからプラスチックレンズに改良されていきます。

最初にプラスチックレンズが出現したのは1934年。

1940年に入ると、ハードコンタクトレンズが開発され、酸素透過性ハードコンタクトレンズへと発展していきます。

今では、通販でも取り扱われるようになり、コンタクトレンズは誰でも使いやすいように、現在も進化しています。